2017年4月30日日曜日

Star Wars Celebration Orlando レビュー前編

4月13日から16日までの4日間、アメリカ/オーランドにて開催されたルーカスフィルム公式イベント「スターウォーズ・セレブレーション・オーランド」へ行ってきました。

スターウォーズという映画は本当に間口が広く、人それぞれ色々な楽しみ方があります!ある人はプラモデル、ある人は小説、アニメ、衣装等・・私の場合は野菜アートです。

少し補足しますと、私は小学生の頃からのスターウォーズファンで、2005年のエピソード3公開時に友人達とで会って以来、もともと取り組んでいた日本の包丁技術「むきもの」で、スターウォーズ・ベジタブルカービングを作り始めました。。

セレブレーションでの4日間、私は所属する団体「ジェダイオーダー・ジャパン」メンバーの一員としてブースにて日本でのファン活動をPRしながら、海外のファンとの交流を深めるのが目的です。
私のブースでのPRは野菜をせっせと彫る。これです!

まずは現地で野菜の買い出し。今回も共に渡米した友人達も一緒に手伝ってくれ心強かったです。


めっちゃ買いすぎました・・・しかし今年のオーランドの野菜は最高に素晴らしかった!
これまでのアメリカ訪問ではなかったことですが、さつまいもやリンゴなど日本から輸入された野菜やフルーツがたくさん!
5年前と全く違いました。もしかして季節の違いもあるかもしれませんが・・

特に私のむきものアートにとっては、さつまいもがとてもありがたかったです。
他にはルタヴァガ、大根と人参(あちらはどちらも細い)、ビーツ、りんご
そしてユカ・ルートと言われる根菜らしきもの。(後述)



ブースの設営風景・・・これから始まる!という緊張感とワクワク感!
セレブレーションには、毎回色々なドラマが待っています。


紙面の都合上、いきなり迎えたセレブレーション初日!

こちらが今年の我々のブース。3度目の今回も日本風にということで友人たちの計らいで今回もこの暖簾もかけてくださいました。
写真中央は友人の「シューホンさん」。世界中に拠点を構えるSWファン団体の日本支部「レベルリージョン・ジャパン」の副隊長です。まるで映画さながら・・かっこいい!



 今年展示は主に3人の手作りスターウォーズアイテム。
こちらはHasegawa氏製作のR2ーD2&BB-8ルービックキューブ。
まぶしいくらい輝いています!
我々はファン団体なので、販売は禁止されていて、あくまでファン活動をPRし
ファンとの交流を深めるのが目的。
なのですが、ご覧のような完成度の高さ!により今年も「売ってくれ!」
「いくら?」など、購入希望者が続出!
手前のキューブは体験ができるので、皆さん手に取って遊んでいました。



こちらYuki Shibaura氏のペーパーカッティングアート。
今年はカッティングをライブで披露!多くの方が足を止め、見入っておられました。

日毎に絵柄が変わるGive-awayカードは一日の終了を待たずに用意された数百枚が品切れになるほどの大人気!すでに世界中にファンが大勢いて、彼女に会いに来るファンも大勢いました。
気になる方は彼女のHPにて数々の作品が楽しめますので是非!
→ てづくりおびわんの家 




私のコーナーはスターウォーズ・ベジタブルカービング。
今年も4日間通しでライブを慣行・・この場所で作れることの喜び、また
この場所でしか生まれないアイデアもあったり、ぶっつけ本番の楽しさがあります。

まず今回初めて見つけたこの野菜!「ユカ・ルート」(Yuca-root)
皮を剥くと中は真っ白でとても硬く、野菜彫刻にぴったりのステキな食材でした。
帰国後調べるとキャッサバという植物の根だとわかりました。

キャッサバ・・聞いたことあるなと思ったら思い出しました!
タピオカの原料なのです。
タピオカは、水に漬けこみ戻してから、コンソメスープや最近では冷たいミルクティーにも入れられるプルプルした食感の、丸い加工食品です。

キャッサバは、外皮の部分に有毒成分のシアン化合物を含んでいるそうで、日本に輸入することは禁止されていて、加工品のみ輸入が許可されているとか・・
なるほど・・日本で見かけないわけです。



セレブレーションでは毎回R2-D2を作るところから始めることにしていて、今回はこのYuca-roots(キャッサバ)からR2を作りました。
2体目のBBー8を作り終えると、目の前をリアルサイズのドロイド団体4台が通り過ぎていきました・・・

非日常の風景が延々と続くのがセレブレーション(笑)




5年前のオーランドでのプレゼンで知り合い、以後ずっと連絡を取り合っているマークさんご一家がブースに来てくれました。

同じく5年前に出会った方々とも続々再会!


2月に日本で会ったスチュアートさんは、アナハイムでのプレゼンを見てくださったのが交友のきっかけに。


ブース運営はまさにSW合宿!!
ひたすら作品を作り、ご説明・・・の繰り返しでとにかくあっという間に時間が過ぎてしまいます。
もっと皆と写真を撮ればよかった・・もっと色々見とけばよかった・・との想いがあとから沸いてきますが、その時は充実しているかつ必死なので気が付かないんです・・

いっしーさん写真お借りしました
これはあちらで4日間過ごした人達みな共通の想いだと思います。
とにかく時間が足りない!
・・後編へ続く。